美髪づくりのために髪を痛める要因と対策を知ろう

髪の悩みは人それぞれ違っても、皆さんお持ちでしょう。 パサつき、うねり、広がり、薄毛など髪のトラブルは絶えません。 特に冬はお肌の乾燥に加えて、髪までパサついていたら気分も落ちてしまいます。 では、髪がパサついているとはどんな状態なのでしょう。

髪がパサパサする原因

> 髪のパサつきは、髪の毛を覆っているキューティクルが何らかの原因で剥がれてしまっている状態です。 キューティクルが剥がれているため、髪の内側に含まれる水分も蒸発し髪の毛自体が乾燥しています。 髪内部の栄養も抜けてしまうため、枝毛や切れ毛などのにもつながってしまいます。 このような状態になってしまう原因をいくつかみていきましょう。

紫外線によるダメージ

日焼けをしないように日焼け止めクリームを塗るなど、肌対策はしていますよね。 では、髪の毛の対策はどうですか? 髪も紫外線によってダメージを受けます。 ダメージを受けると、髪の毛の成分であるケラチンや栄養分、水分などが抜けてしまいます。 そのため、髪のパサつきを招きます。 髪もお肌と同じように、帽子や日傘、UV効果のある髪用の日焼け止めなどで紫外線対策をしましょう。

髪の洗いすぎ

一日の髪の汚れを落とすためのシャンプーですが、洗い方には気を付けなければいけません。 髪を擦り合わせてゴシゴシ洗っては、髪のキューティクルを剥がしてしまいます。 泡で優しく洗うようにしましょう。 そして、トリートメントは内部までしっかり浸透するように揉みこむようにつけてください。 洗髪後は、髪を乾かす際のドライヤーの熱にも注意が必要です。 熱風はキューティクルにダメージを与えてしまいます。 ドライヤーは頭の上から下へと乾かすようにしましょう。 温風で乾かした後に、冷風を使って仕上げるとまとまりやすくなります。

食生活

髪の栄養を保つためにも食事は重要になります。 不規則な食生活は体内のバランスを崩し、肌トラブルが起きてくるように髪にも影響します。 過度なダイエットをしたり、食事を抜いたりしていると体の隅々にまで栄養がいきわたらなくなってしまいます。 そのため、頭皮にも栄養が届かず髪にも悪影響が及びます。 糖質や脂質の摂りすぎもよくありません。 ビタミンや、ミネラルをしっかり摂れるバランスのとれた食事で内側からも髪のケアを行いましょう。 髪のパサつきは、あらゆる原因で潤いをなくしてしまっている状態です。 肌と同じように、髪も毎日のケアが大切です。