ストレスが髪にもたらす影響とストレスから髪を守る方法

仕事や育児、人間関係など生活していく中でのストレスを感じる事は多くあるでしょう。 ストレスは、自律神経のバランスやホルモンのバランスを崩し、免疫機能も低下させてしまいます。 長い期間ストレスを受けることで、精神的不調、体調不良、肌荒れなど色々な症状が出てきます、見落としがちですが、同じように髪もストレスによってダメージを受けます。

なぜストレスが髪に影響するのか

ストレスで髪が抜けるということは聞いたことがあるでしょう。 例えば、「円形脱毛症」などの症状です。 ではなぜ髪が抜けてしまうのでしょうか。 ストレスによって自律神経のバランスが崩れ血管が収縮してしまいます。 血管が収縮すると、血流が悪くなり頭皮や髪にまで十分な栄養が行き渡らなくなります。 そのため、栄養不足となり髪も細くなって抜けやすくなってしまうのです。 そして、ストレスによってホルモンバランスが崩れるとやはり血流が悪くなります。 女性ホルモンの減少は髪を作る機能が低下してしまいます。 男性ホルモンでは、「ジヒドロテストステロン」と呼ばれるホルモンが増加することで抜けやすくなるようです。

ストレスから髪を守るには

ストレスは、精神的なものだけではなく肉体的な部分でも受けてしまうものです。 例えば、過労や睡眠不足、気温の変化などでも受けてしまいます。 生活するうえで、全くストレスを感じることなく生活をすることは難しいかもしれません。 ですが、ストレスによる抜け毛を減らす対策は出来ますから試してみてください。

バランスの良い食事

朝食を食べなかったり、偏食で偏った食事をしていては身体の健康を保つことは出来ません。 体調がすぐれない状態が続くことによってストレスも溜まり自律神経のバランスも崩れます。 1日3回バランスの取れた食事を摂ることで健康な体を作ることができ、ストレスをためないようにしましょう。

適度な運動

軽い運動は新陳代謝をよくするとともに血流を良くしてくれます。 抜け毛の原因は血流が悪くなることで栄養不足になり起こります。 常に流れを良くしておくためにも、適度な運動は毎日の習慣にしておくことが良いでしょう。

十分な睡眠

過労や睡眠不足はホルモンのバランスを崩してしまいます。 バランスが崩れると、成長ホルモンにも影響が出てしまいます。 分泌が減ったり、過剰に出たりすることで身体にも髪にも悪影響を及ぼします。 ホルモンバランスを保つためにも質の良い睡眠は大事といえるでしょう。 このような対策は毎日の生活に取り入れながら、症状にあった抜け毛の治療をすることをおすすめします。