老化を引き起こす活性酸素を減らす方法

年齢を重ねると太りやすくなったり、お肌がくすんだりたるんだりと老化現象を誰しもが感じる事になります。 ですので、多くの人はできるだけ自分自身の老化の進行を遅らせようとし、高額な化粧品やサプリメントや美顔器などの器具を買ったりします。 でも、老化の進行を遅らせる為にはまず、どのような要素が発端となって人間が老化していくのかについての正しい知識を得た方が良いです。 なぜなら、それを知る事によって「戦う相手」がハッキリ見えるので、正しい対処ができるからです。

老化を引き起こす活性酸素とはどんなもの?

私たちは何もしなくても“老化”していきますが、実は、私たち自身が老化を早めてしまっている場合もかなり多いのです。 それは、私たち自身の行動によって活性酸素が増えてしまう事によって起こります。 この「活性酸素」とは、私たちの体内で行われる代謝(栄養がエネルギーに変換される事)に代わりに生み出される「代謝物」なのですよね。 活性酸素は字のごとく「活発な酸素」で、酸化させる事に活発な酸素の事を指します。 例えば、呼吸によっても活性酸素は生み出されます。呼吸で得た酸素のうち、約2%は活性酸素になるとされています。 活性酸素は酸化作用が強い物質なので、体内に入った病原菌やウィルスを退治したりする殺菌作用があるので、私たち人間にとっては必要な物質でもあります。 でもその反面、酸化作用が強いのが仇となって、活性酸素が増加し過ぎると、体が酸化していってしまうわけです。 要するに体が“サビる”という事です。このサビ化によって、細胞を傷つけて弱らせてしまうのですよね。 その結果、お肌にシミ、そばかす、シワができたり、動脈硬化や、糖尿病を引き起こすと言われています。

活性酸素と戦ってくれる酵素がある

そんな中、活性酸素を除去してくれる働きをする酵素があります。それはSDO酵素と呼ばれる酵素です。 正式には「スーパー・オキサイド・ディスムターゼ」という名称で直訳すると“活性酸素を除去する酵素”という意味を持っています。 このSDO酵素はもともと私たちの体内で生成されるものなのですが、年齢を重ねるごとに生成できる量は減少していくと言われています。 ですので、老化の進行を食い止めるには体外からSDO酵素を摂取する必要があるわけです。

SDO酵素を増やす方法とは?

SOD酵素は食品から摂取できます。でも野菜やお肉には基本的に含まれていません。 SOD酵素が含まれる食品はルイボスや明日葉などのメジャーではない食品なのですよね。 ただ、ルイボルや明日葉はお茶にされている事が多く、サプリメントにも配合されています。 食物を食べる事によってSDO酵素はなかなか摂れませんので、そのような健康食品を活用すると良いと思います。