体幹を鍛えると痩せやすいのはなぜ?

今流行のダイエットと言えば「体幹トレーニング」ですよね。 体幹とは、体の胴体部分を指し、この部分の筋肉を鍛える事によってダイエット効果があるというものです。 ただ、多くの女性は運動せずに痩せたいと思っていて、なかなか足を一歩踏み出せなかったり、挫折してしまったり、億劫で結局やらなかったりします。 でも、体幹をトレーニングする事は痩せる効果以外にも、様々な効果があるので、是非、騙されたと思ってやってみると良いです。

体幹トレーニングをやる価値があるのは、メリットがたくさんあるから

体幹トレーニングと聞いて「面倒だなー」とか「億劫だなー」と思う人は、是非、痩せる事ではなく健康面にどれだけ効果的なのかを知ると、「それじゃあ、やってみようかな」と思えてくると思います。 体幹トレーニングはお腹の深い部分、つまりインナーマッスル(大腰筋・腸骨筋などの深層筋)も鍛える事になります。 これらインナーマッスルは関節を保護したり、安定させる働きをします。 また、腹横筋や、骨盤低筋群などは、胃や腸を取り囲む筋肉ですが、これら内臓の位置を正しい位置にキープする役割を担っています。 でも、もしこれらの筋肉が何らかの理由で衰えてしまい、臓器を支えられなくなると、重力に負けて下へ下へとズレ込んでくるわけです。 そうすると、ぽっこりお腹の原因にもなりますし、臓器の位置がズレる事によって血管が圧迫される事になるのです。 こうして血流も悪くなり、平行して代謝も落ちるわけです。 年齢と共に筋肉はだんだん衰えてしまいますから、体幹を鍛える事で血行や代謝の低下を防ぐ事ができるので、ダイエット効果だけでなく、健康促進にも効果があると言えるのですよね。 こんなふうに体幹トレーニングを行う事は数々のメリットをもたらすわけですね

筋肉を動かすこと自体が痩せやすい体を作る

体幹周りの筋肉に限った事ではないですが、トレーニングなどして筋肉を何らかの形で動かす事自体、血行の促進に繋がります。 血液は心臓がポンプの役割をして全身に運ばれるわけですよね。 でも、実は血液のポンプ役は心臓だけではなく、筋肉もその役割を担います。 筋肉が動く事によって押し出すような形で血液が送り出されるのです。 結果として血行を良くし、代謝を向上させるので、痩せやすい体となっていくわけです。 こういった事も踏まえると、体幹トレーニングをする価値を感じてきたのではないでしょうか?