アミノ酸や食物繊維などバランス良く食べることがダイエットに繋がる

近年は、激しい運動をしたり、糖質や炭水化物を制限したりするダイエットよりも、きちんと食べてダイエットをするやり方が望ましいと言われます。 しかし、バランスの良い食生活を送るだけで、本当に痩せるのでしょうか?

アミノ酸を摂ると代謝向上に繋がる

私たちの身体の20%はアミノ酸で作られています。 筋肉がたくさん使われてエネルギーの消費量が増すと代謝が向上するわけですが、この代謝の“要”とも言える筋肉はアミノ酸が原料です。 ですので、アミノ酸を摂取することは、代謝向上の第一歩と言えます。 私たちの筋肉は、使われるたびに修復され、その修復にアミノ酸があてられます。 この一連の流れを繰り返していくことで、筋肉量が増え、その分代謝が向上していくのです。

食物繊維を摂ると代謝向上に繋がる

前述で、痩せるためにアミノ酸の摂取が大切であることをお話ししましたが、食物繊維も痩せるための食生活に欠かせない食品です。 食物繊維はコンニャクやセロリなどに豊富に含まれますが、この食物繊維自体は胃で分解されず、腸まで届きます。 こうして腸まで届いた食物繊維は、腸内に浮遊しているゴミを自分自身の体に吸着させて排便まで導いてくれるのです。 いわば「腸内の清掃員」と言えます。 このような食物繊維の活躍により、腸内には善玉菌が増えやすくなります。 なぜなら、腸内に浮遊するゴミは、悪玉菌のエサになり、繁殖を促進してしまうからです。 食物繊維の活躍によって、腸内に善玉菌が増えると、代謝に必要な栄養を腸が吸収しやすくなります。 その結果、栄養が全身の細胞に運ばれ、それをもとに細胞が新しく作られたり、グレードアップするので、エネルギーが消費されるのです。 こうして代謝が向上します。

バランスよく色々な食材を食べるのがダイエットに効果的

前項で、ダイエットに欠かせない栄養であるアミノ酸と食物繊維について紹介しましたが、だからと言ってこの2つの栄養を含む食材に偏ってしまってはいけません。 確かに、必須アミノ酸と食物繊維はダイエットに効果的ですが、大切なのはバランスなのです。 とは言っても、栄養士に面倒を見てもらわない限り、なかなか栄養バランスの良い食事を摂り続けるのは難しいのではないでしょうか? ですので、“色々な食べ物を食べる”ことを心掛けるようにしてみて下さい。 つまり、昼間は野菜中心だったから、夜は魚を食べようなどです。 また、調理法を変えて食べるのもおすすめです。昼はしゃぶしゃぶだったらか、夜は焼いた魚にしようなど、調理法を変えることによって、摂取できる栄養の内容も変わってきます。