ニキビの本当の原因は腸内環境?

思春期には、お肌の表面にある毛穴から過剰に皮脂が分泌される為、多くの人は少なからず「ニキビ」を経験しますよね。 基本的には大人になってくると、思春期のような皮脂の過剰分泌はなくなってくる為、ニキビはできにくくなってきます。 ただ、成人してからもニキビに悩む人も少なくないようです。 いわゆる「大人ニキビ」というものです。 大人ニキビができる原因は、思春期とはまったく別の理由になります。

ニキビの原因をまず知ろう

そもそもニキビの原因とは何なのでしょうか?ニキビは、毛穴に皮脂や角質が詰まって膨れてしまっている状態になります。 本来、私たちのお肌の表面にある皮脂は、紫外線や空気中にあるゴミなどの刺激からお肌を守ってくれる、私たちにはとてもありがたい存在です。 健康な人のお肌であれば、毛穴からの皮脂の分泌量が適切で、皮脂が分泌されると、それにつられてお肌の角質(ゴミ)なども肌の表面に出てきて剥がれ落ちていくのですが、ニキビはこの一連の流れが滞ってしまう形なのですよね。 ですので、お肌が本来が持っているメガニズムが崩れてしまっている事がニキビを引き起こすわけです。 ですので、洗顔を強化したり、化粧水や乳液代えたリしても、ニキビは治るわけではありません。 つまり、お肌が本来持っているメカニズムを正常に戻してあげる事がニキビの根本的な改善に繋がるのです。

ニキビの根本的な原因には腸が関係する

お肌のゴミがスムーズに外に排出される状態は、お肌の細胞が元気で盛んに活動しています。 お肌の細胞は生きていて、日々分裂を繰り返したり、成長したりしてます。古い細胞は捨てられ、新しい細胞と生まれ変わっていくわけです。 このような状態だと、お肌のゴミも随時排出されニキビはできにくいです。 要するに、お肌の状態は細胞が元気かどうかに影響されるわけです。 実は、これには腸内環境が大きく関係してきます。 どういう事かと言うと、私たちが食べ物を食べ、それが腸で栄養として吸収され、さらにそれが血管を通じてお肌の細胞まで届けられ、その栄養を基にしてお肌の細胞は活動するわけです。 つまり、腸はお肌の細胞の栄養供給減という事になります。 ですので、もし、腸の機能が低下していると、当然お肌に満足のいく栄養を届ける事ができません。 このようなわけでニキビの原因と「腸」はとても深い関係性があるのです。

ニキビを作る「腸」とは?

腸の状態が悪い良いによってニキビができるできないに影響してきます。 ですので、腸をいつも健康な状態にキープする事をおすすめします。 例えば、消化の悪いジャンクフードや加工食品ばかりの食生活、またストレスや睡眠不足は腸の機能を低下させます。 それが巡り巡ってニキビとして表れるのです。