酵素が免疫をアップさせる理由とは?

ダイエットで有名な酵素ですが、実は酵素には免疫力を高める働きがあります。 免疫力が高まると、体にとって良い事がたくさんあります。

現代人は食べ過ぎである

酵素には消化酵素と代謝酵素という2種類があり、私たちの体内で食べ物の消化・分解・吸収を助けたり、代謝活動をサポートしたりなどしています。 酵素がなければ、私たちは食べ物を食べても栄養として体に摂り入れられないわけで、酵素はいわば生命活動を助ける働きをしているわけです。 体内で酵素が働くなってしまうと、この生命活動が滞りはじめ、新陳代謝も行われにくくなってきます。 新陳代謝とは細胞の入れ替わりのこと。 新陳代謝が活発になれば、体の細胞は常に新しく生まれ変わるので、健康的に若々しくなれるという事です。 また、新陳代謝がきちんと行われれば、栄養を効率よく吸収し、老廃物を出すサイクルが整っているので、疲れにくくなります。 しかし、現代人は体内で酵素が不足しています。 その原因の一つが「飽食」であること。 色々な種類の食べ物を食べ過ぎてしまっているため、 体内の酵素は消化活動のみに使われてしまい、そのほかの代謝活動などに回す分が足りないのです。 そうすると、新陳代謝は滞るようになり、細胞は生まれ変われなくなってしまう為、免疫力が低下し、老化も早まり、様々な病気にかかるリスクが高くなってきます。

消化不良も免疫力を下げる

また、食べ過ぎの状態だと、いわゆる「消化不良」の状態に陥りやすくなります。 消化不良というのは、消化・分解されなかった食べ物が腸の中に残っている状態のこと。 そのような状態の食べ物が腸の中にあり続けると、悪玉菌が増加し、腸内環境が悪くなります。 腸は健康のバロメーターと言いますが、腸内環境が悪いと、体にさまざまな悪影響が起こります。 便秘など腸の働きが低下すると、栄養素がうまく吸収できなくなり、全身の血液中に毒素が回ります。 新鮮な血液が循環しないと、血管内はドロドロになり、また毒素を分解する肝臓に負担がかかるため、疲れやすくなります。 このように、酵素が足りないと病気を引き起こす原因の一つになるのですね。 新鮮な野菜やフルーツ、発酵食品などから酵素は摂り入れることができます。 忙しいときはサプリなどに頼るのも一つの手です。 これからの季節、どんどんと寒くなり、風邪やインフルエンザの心配も出てきます。 酵素で新陳代謝を活発にし、免疫力をアップさせて、病気に負けない体を作りたいですね。