脚のむくみの原因と解消法について

女性の大敵むくみ。特に足のむくみは、放っておくとセルライトになってしまって取り返しが付かない事になってしまう事もあります。 脚のむくみの原因はいくつかあるのですが、このページでは主だった原因を紹介したいと思います。

脚のむくみの原因① リンパの流れが悪い

まずリンパとは、血液中の血しょうの一部が血管から流れ出して、それがリンパと呼ばれる管に浸み込んだものです。 これは血液と同じように体中に張り巡らされています。 一見すると血液とリンパは似ていますが、ちょっと違うんですよね。 血液って、心臓が動く事で体を巡りますが、リンパ液は筋肉が動く事で体中を巡ります。 ですので、リンパ液は運動しないと体を巡らないという事になるわけなんですよね。 リンパの働きとは体に溜まった老廃物を回収して排出する事です。 ですので、このリンパの流れが滞ってしまうと、当然老廃物が排出されにくくなります。 こういう状態になると、老廃物や水分がリンパ管から染み出して、細胞の隙間に入り込んでしまいます。 これがむくみなんですよね。 ですので、このリンパの流れを正常に戻してあげる事で、むくみが解消されます。 常日頃から運動不足な人は注意した方が良いですね。 なぜならリンパ液は筋肉が動いて初めて体を巡るモノなので、運動をしない人はリンパ液の流れが悪くなっている可能性があります。 やっぱりコツコツ毎日少しでも運動する事って大事なんですね。

脚のむくみの原因② 冷え

日本人女性の10人に4人が冷え性に悩まされていると言われているんですよね。 で、この「冷え」も実は脚のむくみの原因の大きな要因でもあるんです。 冷えが続くと血液の流れが悪くなるので、体の余分な水分が血液によって流れなくなってしまい、 結果として細胞内に流れてしまうのです。 こうなるとむくみとなります。 このようにむくんだ状態が続くと、筋肉も硬くなってしまうので、さらに血行不良を促進してしまい、 さらにむくむという負のスパイラルに陥ってしまう可能性があるんですよね。

脚のむくみの原因③ 食生活の乱れ

食生活の乱れ、さらには生活習慣の乱れも脚のむくみに大きな影響を及ぼします。 塩分の摂りすぎ、水分の摂りすぎ、夜更かしなどですよね。 塩分の多いものを摂りすぎると、塩分濃度を調整しようと人間の体は体内の水分を余分に増やそうとします。 また単純に水分を摂りすぎても体内の水分を増やしてしまいます。 生活習慣の乱れも、自律神経を乱すので、血行不良になり、むくみを引き起こすのです。

むくみの原因を潰せばむくみは自然に解消される

これまで見てきたように、脚がむくむ原因は幾つかあるんですよね。 基本的には運動などして血行を良くする事でほとんどのむくみに効きますので、頭に入れておく事をおすすめします。 もし、運動するのが厳しいとか時間が無い人は、血行を促進する栄養素が配合されているサプリなどもありますので、活用するのも良いでしょう。