痩せ菌を増やしてデブ菌を減らす方法とは?

最近、TVや雑誌などので痩せ菌、デブ菌というワードを耳にすることが頻繁にあります。 痩せ菌、デブ菌という言葉が生まれたのは最近ですが、ある腸内最近の専門家が一般向けに説明するために理解しやすいようにするために作った言葉だと思われます。 痩せ菌とデブ菌は、ともに腸内に棲む菌なのですが、最近の研究では、痩せ菌とデブ菌が人の体型に大きく関係することが分かってきたのです。

痩せ菌とデブ菌って何なの?

腸内にはとてもたくさんの細菌が棲んでいます。実に3万種以上、1000兆個にも及ぶ菌がひしめき合うように腸内にいるわけです。 色々な個性がそれぞれありますが、体にとって良い菌、悪い菌、どちらでもない菌などいろいろです。 これらを順に、善玉菌、悪玉菌、日和見菌といいますが、このうち善玉菌と悪玉菌が互いに勢力争いをしていて、日和見菌は優勢な方に加担するという格好になっています。 痩せ菌とデブ菌は日和見菌に属する菌です。 もう少し詳しく説明すると、痩せ菌は日和見菌の中の「バクテロイデーテス」と呼ばれるグループに属している菌。 そして、デブ菌は同じく日和見菌の中の「ファーミキューテス」と呼ばれるグループに属している菌を指しています。 痩せ菌は体内の脂肪を燃焼させる働きがあるのに対し、デブ菌は真逆で、体内のに脂肪をため込む働きをするのだそうです。

痩せ菌とデブ菌の比率ははこうして決まっていく

痩せ菌とデブ菌の比率は人それぞれ違うのですが、何を基準にして痩せ菌とデブ菌の比率が変わってくるのでしょうか? そもそもヒトの腸内菌の構成は、これまで何を食べてきたのか?どんな生活習慣を送ってきたのか?どんな環境で過ごしてきたのか?幼少期にどれだけ菌と触れあってきたか?などによって決められているのです。 ですから、痩せ菌とデブ菌の割合は人それぞれ全然違うのです。 ということは、もともとデブ菌が腸内に多い人は痩せることに関しては絶望的ということでしょうか? 実は、そうとも言えないのです。 つまり、もともとデブ菌が多く、肥満体質な人であっても、これからの努力次第で痩せ菌を増やし、デブ菌を減らしていくことができるのです。

痩せ菌を増やしデブ菌を減らす方法

では、具体的にどのようにすれば、痩せ菌を増やし、デブ菌を減らしていくことができるのでしょうか? それには、一にも二にも食生活をまず改善することです。 TVや雑誌でも紹介されていますが、お酢+キャベツの組み合わせは痩せ菌を増やしデブ菌を減らすのにもってこいの食べ物です。 なぜなら、お酢には酢酸が豊富で、キャベツには食物繊維が豊富に含まれていますが、この組み合わせは痩せ菌の大好物なのです。