腹斜筋と腹横筋が女性らしいプロポーションづくりのカギ

女性として美しいプロポーションへの憧れは当然のこと。 あなたの描く美しいプロポーションとはどのようなものでしょうか? みなさんが思い描くのは「きゅっとくびれたウエスト」ではないでしょうか? ぽっこりお腹では女性らしさは半減ですよね。 ところで、この「くびれ」。同じような身長・体重でも、くびれている人、くびれていない人っていますよね? では、どうしてこのくびれができるのか?その構造から理解していきましょう。

腹筋運動だけじゃくびれない?!

ウエストのくびれといって真っ先に思いつくのは、やはり「腹筋」ではないでしょうか? くびれたい!!と思って、毎日腹筋運動を頑張っている人も多いはず。 しかし!ただ腹筋をしているだけでは永遠にウエストはくびれません。 まず、理解していただきたいのが、腹筋の種類。 一口に腹筋といっても、
  1. 腹直筋
  2. 腹斜筋
  3. 腹横筋
この3つの種類があります。 まず腹直筋ですが、これは胃の全面にある腹筋で、みなさんが一番腹筋と言われて思い描く部分のことです。 鍛えるとシックスパックになるところですね。 ここがぽっこり出っ張ってしまっている人は、腹直筋が衰えてしまい、中に入っている内臓を支えきれなくなって、内臓が前へ出てきてしまっている状態です。 先ほどご説明したように、ここはシックスパックを目指す人用の筋肉なので、実は通常の腹筋運動をしただけでは(つまち腹直筋を鍛えただけでは)、くびれはできないのです。

くびれるためには腹斜筋と腹横筋

腹直筋を鍛えるだけでは、ウエストはくびれません。 カギとなるのは、腹斜筋と腹横筋です。 腹斜筋は脇腹のあたりのついている筋肉のことで、文字通り斜めに入っている筋肉。 みなさんがウエストをひねってみたときに動く筋肉なのですが、この腹斜筋が「くびれ」の重要ポイントだったのです。 脇腹の筋肉なので、ここを鍛えるときゅっと締まり、きれいな曲線を描くウエストになるのですね。 また、腹斜筋が鍛えられると、下がりつつあった体内の内臓が筋肉を土台にして上へと押し上げられるため、くびれやすくなります。 また、腹斜筋と同様にくびれの要となるのがこの腹横筋です。 腹横筋は腹斜筋の奥にある筋肉で、俗にいうインナーマッスル。 腹斜筋が斜めに入っているにのに対し、腹横筋は横に入っています。 こちらも腹斜筋のように、くびれには欠かせない筋肉で、お腹を全体的に引き締めてくれます。 また、インナーマッスルなので腹横筋を鍛えることは基礎代謝のアップにもつながります。 基礎代謝が上がる=ダイエット効果も期待できるんです。 「くびれ」の基本についてお話ししましたが、いかがでしたか? ただの腹筋運動ではウエストはくびれないとわかって、ショックを受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、ここは切り替えて!!効率よく腹斜筋と腹横筋を鍛え、きれいなくびれを手に入れたいものですね。