皮下脂肪?体脂肪?脂肪の種類を知ってダイエットをしよう

気づいたらお腹周りがぽっこりしてきたと感じる人もいるでしょう。 それは、脂肪です。 不規則な食生活やデスクワークなどで運動不足になりがちな生活習慣によって、基礎代謝などの消費エネルギーが減ってくると余ったカロリーは体脂肪となって体についてきます。 なかでもお腹周りは、脂肪がつきやすい場所です。

体脂肪は皮下脂肪と内蔵脂肪の2つの種類に分けられる

体脂肪には「皮下脂肪」・「内臓脂肪」の2種類あります。 皮下脂肪とは、皮膚の下にある脂肪です。 特に女性に多く見られます。 妊娠や、出産のときにエネルギー源になりなす。 内臓脂肪は、腹部の中にたまる脂肪です。 こちらは、男性に多く見られます。 内臓周りに脂肪がつくため、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす可能性があります。

洋ナシ型肥満タイプ

洋ナシ型肥満とは、下腹部や腰まわり、お尻や太ももなど下半身に皮下脂肪がついた状態のことです。 特に女性は、妊娠出産において必要なため悪い脂肪ではありません。 ですが、太ってくるとお腹につきやすく上半身は痩せているのに下腹はぽっこり出てきます。

リンゴ型肥満タイプ

リンゴ型肥満とは、内臓脂肪がつきお腹がせり出してぽっちゃりしてきます。 男性に多く、メタボと呼ばれることもあります。 こちらは、食べ過ぎ(特に炭水化物)や運動不足が主な原因のため危険な肥満と言えます。

改善の仕方はタイプによって異なる

落とし方は、肥満のタイプによって変わってきます。 まず洋ナシ型タイプの人は、皮下脂肪です。 皮下脂肪は、体温や体のエネルギーを保つなど重要な役割をもっています。 そのため、落としにくいのが特徴です。 ですから、落としやすい体づくりから始めなければなりません。 基礎代謝を上げるため、筋トレや有酸素運動を取り入れましょう。 リンゴ型タイプの人は、内臓脂肪をためすぎないように心がけましょう。 たまりすぎると、生活習慣病につながります。 原因は脂質・糖分・塩分・油などの摂りすぎ、食生活の乱れです。 改善策は、食生活の見直しと軽い運動を継続させることです。 内臓脂肪は、皮下脂肪より落としやすい脂肪です。 体脂肪は、必要な脂肪です。 ですが、必要以上のものは体に悪影響をもたらすこともありますから注意しましょう。