腸内環境を改善する生活習慣を身に着けよう

腸内環境を改善する上で必要不可欠なのは、食生活と生活習慣の改善です。 食生活に関しては、腸内細菌のエサとなる発酵食品や食物繊維などを積極的に摂るようにすることが大切です。 これについては、分かりやすいので実践しやすいと思います。 しかし、生活習慣の改善と言われても、何をどう変えたらよいのか?迷ってしまう人も多いかもしれません。

心と体に余裕を作るためにできること

悪化している腸内環境を改善していくためには、ひと言で「心と体に余裕を持たせること」に尽きるのではないかと思うのです。 というのは、例えば、脳がストレスを感知すると、それが腸へ信号として伝わってしまい、腸の機能が低下することが最近の研究により分かっています。 これを脳腸相関といい、腸は第二の脳とも言われているほどです。 ですのでまず、ストレスのない心に余裕のある生活をすることが腸内環境の改善に大いに役立つことを押さえておきましょう。 また、適度な運動し、十分な睡眠をとることで体に余裕ができ、それと並行するように腸内環境も改善していきます。 では、心と体に余裕を持たせるには、具体的に何をしたらよいのでしょか?

よい腸内環境づくりに役立つウォーキング

心を体に余裕を持たせるために、ぜひ実践してほしいのが、ウォーキングです。 何だ歩くことか?と思われるかもしれませんが、ウォーキングはとても心と体に良いのです。 便利な現代の生活では、ふくらはぎの筋肉をしっかり使って歩くことが非常に少ないです。 デスクワークの仕事をしている人は、職場と自宅の行き来以外、ほとんど歩くことはないのではないでしょうか? 足のふくらはぎを使って歩くことは、下半身の血管に圧をかけることになり、血流を良くします。 血液のめぐりがよくなると、体の疲労やさまざまな不調の改善にもなり、結果として、心と体に余裕を持たせることになるのです。

よい腸内環境づくりに役立つ入浴の習慣

通常、私たちの体は日中に優位になっている交感神経を寝る前までには副交感神経に切り替えて、体をリラックスさせて就寝まで導かれる形になっています。 しかし、仕事や家庭のことでイライラしていると、交感神経から副交感神経に切り替わらず、十分な睡眠を取ることはできませんし、腸の自己修復も十分おこなわれません。 ですから、おすすめなのは、しっかり入浴してほっとひと息つくことです。 38~40度くらいのお湯につかり、深呼吸を数回繰り返してみましょう。 これは交感神経をしずめ、副交感神経を優位にするのに、非常に有効なのです。 こうした、心と体に余裕を持たせることが結果的に腸内環境の改善をもたらすのです。