酵水素328選やさいとろける温スムージーにはどんな効果がある?

今やダイエットの定番となったスムージーですが、冷たいスムージーは逆に代謝をダウンさせてしまうこともあるって知ってましたか? ダイエットをするにあたって、冷えは大敵! 体が冷えていると、脂肪を燃焼しにくくなり、消費カロリーも少なくなるので、痩せにくくなってしまうのです。 そんな冷え性の人が冷たいスムージーを飲んでしまったら、体が冷え切ってしまってダイエットどころではありません。 そこで今注目されているのが酵水素328選やさいとろける温スムージー。 その名の通り温かいスムージーです。 温かいのでダイエット効果の高いことが人気の理由のようですが、具体的に温かいとどう効果的なのでしょうか? そこで、ここでは酵水素328選やさいとろける温スムージーにどんな効果があるのかについて、詳しくご紹介したいと思います。

酵水素328選やさいとろける温スムージーで手軽に温活

冷え性は体にさまざまな不調をもたらす原因となるので、最近は「温活」が流行していますよね。 体が冷え、血行が悪くなると、肩こりや肌荒れが起こりやすく、また太りやすい体になってしまいます。 そこで効果的なのが、体の内側から温める温スムージー。 しかし、クックパッドなどにたくさんの温スムージーレシピが掲載されていますが、材料を揃えて一から作るのはとても手間がかかりますし、たくさんの野菜を買って準備するのはお金もかかってしまいますよね。 その点、酵水素328選やさいとろける温スムージーは作るのが簡単。 インスタントスープを作るのと同じように簡単に温スムージーを作ることができます。 手順は以下のとおり。
  1. とろけるやさい温スムージーの粉末8グラム(付属スプーン1杯分)をカップに入れる。
  2. 200mlのお湯を注ぐ。
  3. マドラーなどでよく混ぜる。
  4. できあがり
お湯を注ぐだけなので、忙しいときでも簡単に作ることができます。 このように手軽に簡単に作れることが、酵水素328選やさいとろける温スムージーの人気のヒミツのようです。

酵水素328選やさいとろける温スムージーはポカポカ成分が豊富

酵水素328選やさいとろける温スムージーには2種類の味があり、どちらも体を温める成分が豊富に含まれています。

クリームコンソメ味

体を温める食べ物の代表・金時生姜に発酵青唐辛子も配合。 飲むと体がポカポカに。

トマト味

ビタミン・ミネラルが豊富な緑黄色野菜をたっぷり配合。 かぼちゃ、ニンジン、大根などの体を温める野菜もしっかり入っています。 どちらもお湯を注ぐだけで作れるので、すぐに体を温めることができ、代謝アップが期待できます。 またお湯だけでなく、温かい牛乳や豆乳で作ってもおいしいので、いろいろなバリエーションで飽きずに飲むことができますね。 温スムージーを飲むと、体の冷えを解消することができ、体温を上げることができます。 体温が上がると、代謝が上がり痩せやすい体になれるだけでなく、免疫力もアップするので、風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりにくくなります。

酵水素328選やさいとろける温スムージーで便秘も解消

体が冷えて血流が悪くなると、小腸や大腸にも血液が行き渡らなくなり、動きが悪くなって便秘を引き起こします。 ただの冷え性と軽く見てしまいがちですが、冷えは体にとって悪影響ばかりなのです。 酵水素328選やさいとろける温スムージーはただ体を温めて便秘を解消するだけでなく、便秘に効果的な食物繊維もしっかりと配合されています。 食物繊維には水に溶けやすい水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維の2種類があります。 水溶性食物繊維はネバネバと粘着性があり、胃腸の中をゆっくりと移動するのでお腹が空きにくくなり、食べ過ぎ防止になります。 また糖質の吸収を穏やかにするので、食後血糖値が急激に上昇するのを抑える働きがあります。 不溶性食物繊維は水分を蓄える性質があるので、胃腸の中で水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にして便通を促します。 さらに、不溶性食物繊維は善玉菌のエサになるので、たくさん摂取すると善玉菌が増え、お腹の調子が整います。 便秘を解消するにはどちらの食物繊維も、バランスよく摂ることが大切。 これらをすべて食べ物から摂るとなるとかなり大変ですが、やさいとろける温スムージーには水溶性・不溶性どちらの食物繊維も入っているので、高い便秘解消効果が期待できそうですね。 冷えは体にとってもダイエットにとっても大敵です。 酵水素328選やさいとろける温スムージーなら、手軽に温活&ダイエットがスタートできそうですね。
酵水素328選やさいとろける温スムージーの3つの効果