便秘が改善されない原因は腹筋のせい?

ダイエットにおいても、美容においても重要な「便秘」。 便秘は美容の大敵と言いますが、今日はその便秘と腹筋の関係についてご説明したいと思います。

便秘の原因は腹筋力の低下

みなさん、便秘の主な原因は腹筋力の低下ということ知ってましたか? 女性や老人に便秘が多いのは、便を押し出す筋肉がないから。 便秘を解消するには、乳酸菌・ビフィズス菌などで腸内環境を整え、バランスのよい食事を心掛けることに加え、適度な腹筋力が必要なのです。 また腹筋力が衰えると猫背になります。 美しい、真っ直ぐな姿勢を保つにはただ単に背筋を伸ばせばいいのではなく、姿勢をキープするのに筋肉が必要なのです。 腹筋がないと姿勢をキープできずに背中が丸まり、内臓が下がるために下っ腹もぽっこり突き出ます。 内臓が下がると臓器が押し合いへし合いするため、その機能も悪くなります。 そうするとますます便秘は悪化・・・。 おわかりいただけましたか? 腹筋力がないと、便秘は改善するどころかますます悪化をたどってしまうのですね。

便秘対策には腹直筋を鍛える

便秘には腹筋が大切ということ、もうおわかりいただけたと思います。 でも腹筋といっても具体的には・・・? 便秘対策で鍛えるべき腹筋は、ずばり「腹直筋」です。 腹直筋とはお腹の真ん中、ちょうど胃のあたりにある大きな腹筋です。 鍛えると6つに割れる、シックスパックというところです。 便意は腸の蠕動運動にのって便が直腸まで下がってくると起こります。 この下がってきた便は、下腹部の腹筋の力でスムーズに出されます。 下腹部の腹筋=腹直筋です。 腹直筋は年をとるごとに衰える筋肉なので、意識して日々鍛えなければいけないのです。 以上が便秘と腹筋力の関係でした。

便秘を解消するために正しいやり方で腹筋を鍛えよう

便秘を解消するには腹筋を鍛えることが必須なのですね。 腹筋を鍛えるというと、よくある体を起こしたり倒したりする運動を思い浮かべますよね。 あの定番スタイルは今やもう古く、今は体幹を鍛えるプランクが腹筋を鍛えるのにも有効なんだそうです。 また特別なトレーニングをしなくても、日々の生活で腹筋を鍛えることも可能です。 買い物中に歩いたり、家事をしたりする時に、腹筋を意識してぐっと力をいれつつ、骨盤を立てるだけ。 骨盤を立てるイメージが難しい人は、おへそを伸ばすように意識すれば、簡単に行うことができます。 これならながら筋トレなので、時間を作る必要もなく、0円でトレーニングが可能です。 みなさんも、自分に合った方法で腹筋を鍛え、憎き便秘をやっつけましょう!